採用情報Recruit

自分のアイディアを活かした
会社の顔となるような
ヒット商品をつくりたい

自分のアイディアを活かした会社の顔となるようなヒット商品をつくりたい

2014年入社 J.O

IHミートソリューション株式会社
東京事務所 開発推進担当

商品開発はテーマに沿った
ひとりひとりのアイディア次第で決まる

当社が発売する新商品の開発や、現行商品をより多くの方に美味しく味わっていただくためのリニューアル開発を担当しています。業務は商品作りに向けた情報収集から始まり、原材料の選定、包装デザインの検討、試作品づくり、工場でのラインテストなどを経て、関係者へのプレゼンテーション、発売に向けた事務手続き、その他…と多岐にわたります。そのため一連の業務は部署内のメンバーで分担しながら進めています。

商品開発はテーマを元に行いますが、いざ商品の形にしていく段階では、ひとりひとりのアイディアでどのような商品になるかが決まっていきます。自分の考えや発想が必要な仕事ですが、自分のアイディア次第だからこそ魅力も大きいです。
なかなかいい考えが浮かばないこともありますが、普段している何気ない会話の中にヒントが隠れていることもあるので、日頃からいろいろな情報に興味を持ち、アンテナを張っていこうと心がけています。そうした毎日を業務にも活かし、会社の顔となるヒット商品を作ることが私の目標です。

理想の商品ができるまで施策を繰り返すことが
開発業務の難しさであり、楽しさでもある

社内のテストキッチンで行う試作品作りは、どのような商品にするかを決めていく大切な工程です。
目標の味や見た目にするため、肉やたれ、その他トッピング等の最適な配合を探る一方で、製造工場での作業性、お客さまに喜ばれる販売価格など、様々な条件を同時に考え、理想の商品ができるまで何度も何度も配合を変え試作を行います。そうして出来た試作品は、毎回部署のメンバーで試食をし、どうしたら求めているものに近づけるのか?と意見を交わし頭を悩ませます。

この過程が開発の難しさではありますが、同時に楽しさなのだと思います。このように、新商品は部署内はもちろん他部署も含めた多くの方々との打ち合わせを経て完成するため、大事に育った商品がいざスーパーなどの店頭に並ぶのを見ると感慨深いです。商品への愛着と共に仕事に対するやりがいを感じる瞬間です。

自分次第で学びたいことを
学べる環境だから、努力を重ねていく

仕事をする際は、先々の優先順位を考え、”やることリスト”を作ってから取り組んでいます。優先順位に沿って仕事を進めることは当たり前かもしれませんが、最初の頃はつい取り掛かりやすいことから始めてしまい、仕事の全体像がわからず行き当たりばったりになるなど、失敗もたくさんしました。その失敗を自分の糧とし、次の機会では同じミスはしないよう気をつけています。

商品開発に必要な知識は多く、学ぶべきこともたくさんありますが、私の周りには優しく、時に厳しく指導してくださる上司や先輩がいます。自分次第で学びたいことを学べる環境に感謝をしつつ、いつでも知識を吸収しようとする姿勢を忘れずにいたいと思います。仕事を効率的に、確実に進めていく上司や先輩を目標に、今後も努力を重ねていきます。

  • IHミートソリューション株式会社 仙台パックセンター勤務 加工1課1係 係長 M.KIHミートソリューション株式会社 仙台パックセンター勤務 加工1課1係 係長 M.K
  • IHミートソリューション株式会社 品質管理室・名古屋パックセンター勤務 品質管理担当 Y.KIHミートソリューション株式会社 品質管理室・名古屋パックセンター勤務 品質管理担当 Y.K